外壁・屋根調査

ドローン・サーモグラフィ・ロープアクセス・ゴンドラによる打診調査など、費用を抑えた調査が可能です。

【建物規模、構造及び周辺環境に適した調査方法がありますので、お気軽にご相談ください】

ドローン

外壁や屋根等を撮影、測量を行うことにより、現状の劣化・損傷部分をご依頼者様とリアルに確認することが可能で、コストも軽減でき正確なお見積りができる等のメリットがあり、近年増えております。
但し、建物の立地・近隣の建物・道路状況等の影響で飛行できない場合があります。また、天候に左右されるので、日程調整が難しい点があります。
詳細なひび割れ、外壁の浮き等を確認する場合は、ドローン+赤外線カメラによる点検方法をお勧めいたします。

調査費用の目安

(撮影・測量のみ)
基本技術料 ¥50,000~(2人)/1回
建物の規模、形状、周辺地域状況等により変動いたします。
(保安対策、飛行許可申請費、報告書作成が必要な場合別途となります)
※事前調査お見積りは無料です。

目視・打診

ロープアクセス工法による外壁調査は、建物の屋上の丸環や強固な架台に安全にメインロープを固定し、そのロープで調査員が降下しながら外壁を打診棒により打診して外壁の調査を行う手法です。
また、周辺の建物や敷地にスペースが無い場合、仮設足場の設置が必要としない為費用を軽減することが可能です。

調査費用の目安

(10階建てテナントビルの場合)
基本技術料¥70,000+外壁面積1,500㎡×250円=¥445,000
建物の規模、形状、周辺地域状況等により変動いたします。
(仮設保安対策、報告書が必要な場合別途となります)
※事前調査お見積りは無料です。

サーモグラフィ赤外線

外壁タイルやモルタルなどの浮きを赤外線カメラで撮影し、解析する赤外線調査方法です。足場組みやゴンドラ設置によるコストが不要ですので、コストを抑えることが可能です。
但し、打診調査に比べると浮き箇所の剥離層の薄い場合及び天候(気温)太陽光の状況、調査角度が取れない道路幅、敷地に余裕がない場合は精度性にややかけることがあります。

調査費用の目安

(4階建てマンションの場合)
基本技術料 ¥80,000+外壁面積1,200㎡×200円=¥320,000
建物の規模、形状、周辺地域状況により変動いたします。
(仮設保安対策、報告書が必要な場合別途となります)
※事前調査お見積りは無料です。

無料点検・お見積り・ご相談